陸上競技部

理念-希望、勇気、感動を自分自身が味わい、他者に希望、勇気、感動を発信する部。

方針-自分自身の責任を持つことができる人になれるよう日々「努力」する。

スローガン-「いままでより これから」(意識高く生活し、これからの自分を輝かせる)

 苦難(難問を解く、難題を乗り越える、自己記録を更新する)を乗り越える知恵の会得(自分に勝つ)は、一舜一舜の局面(考えや動き)に試行錯誤の動作(考え)の意識が必要です。この一瞬一瞬の局面におけるプレーヤーのプレイ(即時の考え、即時に適切な判断をする能力を身につける経験)が「会得(勝ち)」につながり、その積み重ねが勝利(問題を解決する)をつかむ能力につながっていきます。この能力が身につき勝利(問題を解決、自己記録を更新)した成功体験と、自分の能力向上という勝利を得ることが希望を生み、勇気を生み、感動を生むのです。その時、プレーヤーは輝き、見ている人に希望、勇気、感動を発信し、互いに感動という心が動き、成長していくものだと思っています。

 苦難を乗り越えた勝利は、あくまでも相互追求の結果を表すものですから、相互の促進者でもあります。よって、部員同士は未知なる自己に出会う力を与えてくれる人々なのです。ですから本校陸上部は、仲良く時に厳しく切磋琢磨しています。

 入部する生徒の中には、中学校時代陸上競技の未経験者がいますが、生徒は陸上競技の魅力を感じて生き生きと活動しています。受験生の皆さん、本校陸上競技部に入部し「いままでよりこれから」の自分を輝かせながら、新たな自分と出会い生き生きとして生活している未来の自分を夢見て、自分を大きく成長させ努力度・競技力日本1位を目指しましょう!

顧 問

巻口 実

部 長

田村 爽哉

部 員

3年生    1名
2年生   13名
1年生   11名

主な戦歴

【令和2年度】

第50回新潟県高等学校選抜陸上競技大会
男子800m   5位 2年 田村 爽哉
男子5000mW 2位 2年 酒井 瑠音
女子1500m 1位 1年 SARAH WANJIRU
女子3000m 1位 1年 SARAH WANJIRU
走幅跳 7位 2年 高野 りの
女子総合 11位
男子総合 16位

第50回新潟県高等学校選抜陸上競技会 上越・中越地区決定戦
男子800m   2位 2年 田村 爽哉
男子5000mW 2位 2年 酒井 瑠音
女子100m  8位 2年 高野 りの
女子1500m 1位 1年 SARAH WANJIRU
女子3000m 1位 1年 SARAH WANJIRU
走幅跳 2位 2年 高野 りの
女子4×400mR 4位(高野、関、村松、SARAH)
女子総合  6位
男子総合 14位

【令和元年度】

春季地区上越・中越地区陸上競技大会
男子800m 6位 3年 中村 天嶺(県総体陸上競技大会出場)

1年生大会
男子800m 1位 1年 田村 爽哉
女子800m 3位 1年 門谷 羽菜

秋季地区上越・中越地区陸上競技大会
男子5000mW 3位 酒井 瑠音

県高校選抜大会 
3位 酒井 瑠音(北信越高等学校新人大会出場)

県総合体育大会 
女子第34回県駅伝競技大会
 8位(初出場)