沿 革


明治41年1月 私立長岡女子技芸講習所として長岡商業会議所内に開設された。
明治45年4月 私立長岡実業女学校となる。
大正 6年9月 城内町に校舎新築・移転。淬礪会創設
大正10年4月 財団法人組織となる。
昭和 2年11月 財団法人長岡高等実業女学校となる。
昭和23年4月 学制改革により新制高等学校として、悠久学園高等学校となる。
昭和26年4月 学校法人長岡実業女子高等学校となる。
昭和33年10月 創立50周年。記念式典を挙行した。
昭和36年4月 普通科を設置
昭和41年4月 商業科を設置
昭和42年1月 長岡女子高等学校となる。
昭和60年4月 新校舎新築・移転完了。普通科だけの高等学校とした。
昭和62年4月 学校法人名を蒼柴学園、校名を長岡中央高等学校とし、男女共学とした。
平成 3年4月 校名を帝京長岡高等学校とした。
平成 6年4月 学校法人名を帝京蒼柴学園にした。第2グラウンド完成
平成 7年9月 生徒教室・特別教室の冷暖房設備完成
平成 9年9月 グラウンドに人工芝を敷設する。
平成11年4月 帝京長岡中学校を併設
平成19年6月 浅川節雄先生が校長に就任
平成20年6月 創立100周年記念式典を挙行
平成22年4月 1年生より制服を改定
平成24年11月   第1回海外語学研修を実施
平成30年2月  大塚製薬と「健康及びスポーツ振興に関する連携協定」を締結